MENU

過払い金請求をしてから受け取りまでの期間はどれくらいかかる?

 

過払い金があった場合、すぐにでもお金を返してほしいと思いますよね。

 

過払い金請求を弁護士に頼んでから今か今かとお金が戻ってくることを期待している人もいます。

 

 

しかし、あまり短期間では過払い金は取り戻せないのが現実です。

 

条件によって異なるのであくまで目安ですが、

 

スムーズに和解までいっても4〜6か月
和解が成立せずに裁判まで言った場合、6か月〜1年

 

ほどかかります。

 

 

 

弁護士に過払い金請求を依頼すると、まずは業者に対して取引履歴の開示を請求します。

 

取引履歴の詳細が送られてくるまでに、1〜3か月ほどかかります。

 

そこから過払い金を計算したり、業者と交渉して、実際にお金が振り込まれるまで2〜3か月ほどかかるのが一般的なんです。

 

 

 

弁護士の方がどれだけ急いでも業者側の対応はのらりくらりとしているんですよね。

 

その気になればすぐに返金できるんじゃないか?と素人考えでは思ってしまいますが、わざとゆっくりと手続きを行うのも向こうの手なのです。

 

過払い金を取り戻そうと最初は燃えていても、時間がたつにつれて徐々にその情熱が失われて、途中で面倒くさくなるなんてことがありますからね。

 

特に素人が過払い金を取り戻そうとすると、この時間がネックになります。

 

弁護士の先生にお願いしていれば、きっちりと仕事をしてくれるので安心ですね。

 

 

 

また、業者との交渉がうまくいき無事に和解できればいいのですが、交渉が決裂した場合は裁判を起こすことになります。

 

裁判ともなると、また時間がかかるので、そこからさらに1か月〜半年近くかかってしまうわけです。

 

すると、合計で6か月〜1年近くなるというわけです。

 

 

過払い金請求を行う場合には、ゆったりとした気持ちを持っていたほうがいいですね。

 

すぐに欲しいと思ってもお金は戻ってこないので、もやもやと考えているだけ時間の無駄になります。