MENU

過払い金請求時に空白期間があると金額が激減する可能性あり!

過払い金を請求するときに、場合によっては戻ってくるお金が激減するケースがあります。

 

それが空白期間がある場合です。

 

空白期間というのは、一度借金を完済した後に再びお金を借りるまでの期間です。

 

 

空白期間の長さによって、取引の分断が認めらえるか否かが変わってくるのです。

 

この取引の分断が認められると、過払い金が激減する可能性があるのです。

 

 

 

なぜかというと、取引を分断して個別に計算すると、たいてい過払い金は安くなるんです。

 

また個別に計算した場合、過去の借金については時効を迎えているケースもあります。

 

そうなると、どんなに過払い金が発生していたとしても、1円も戻ってきません。

 

 

 

この取引の分断が認められるかは、弁護士の交渉力によっても変わります。

 

たいていの場合は揉めるので裁判までいくことが多いですね。

 

特に時効になるかどうかの時には、大きな金額差が生まれるので、消費者金融側も抵抗してきます。

 

 

 

いずれにしても時効を迎えないためにも一度完済している業者については、早めに過払い金請求をしたほうがいいですね。