MENU

過払い金請求で和解の無効があった場合

 

過払い金請求の和解で、和解金額に不満を持つ方は少なくありません。

 

和解が成立した後、過払いになったお金を取り戻すことができますが、
和解金額が低い場合、無理に返還請求をする必要はありません。

 

過払い金の請求はとても大変ですから、
少しでも多くの和解金額を獲得したいですよね。

 

 

また、和解が無効になることもあります。

 

和解が無効になれば、当然過払い金を取り戻すことはできません。

 

 

 

過払い金の請求といっても、ひと口にさまざまです。

 

成功することもあれば、不成功に終わることもあります。

 

必ずしも、すべての人が過払い金請求で成功し、
払いすぎたお金を取り戻すことができるというわけではありません。

 

そこをきちんと理解し、過払い金の請求をしたいですね。

 

 

 

ちなみに、和解金額が低い場合、原因は以下がほとんどです。

 

1つは、賃金業者の経営状態
2つは、交渉が下手

 

です。

 

賃金業者の経営状態が悪いと、和解金額を高く設定することは難しいでしょう。

 

そして、少しでも多くの和解金額を得るためには、交渉も重要になってきます。

 

 

和解の無効は、利息制限法に違反した場合です。

 

制限以上の金利を受け取るという契約は、絶対的に無効になります。

 

法律違反をしているわけですから、発覚した上で和解は無効になるでしょう。

 

 

一押しサイト

 

カードローン 踏み倒し

 

カードローンを合法的に踏み倒す方法について詳しく説明しています。

 

どうしてもカードローンの返済ができない場合は一回読んでおいた方がいいと思います。