過払い金返還請求 完済 デメリット 信用情報

MENU

過払い金請求を借金を完済せずにやるデメリットは?信用情報は?

借金の返済中に「過払い金があるかも?」と思う人は少なくありません。

 

過払い金請求を行えば、余計に払っていたお金を取り戻すことができます。

 

そうなれば借金は減らせて返済が楽になりますし、過払い金が多ければ借金が0になるってこともあります。

 

そう考えると、過払い金請求をしたくなると思います。

 

 

でも、気を付けなければいけないのがデメリットです。

 

 

借金を完済せずに過払い金請求を行うと

 

信用情報に事故情報が登録され、ブラックになる可能性があります。

 

いわゆるブラックリストに載るというやつです。

 

 

ブラックリストに載ってしまうと、5年間新しくローンを借りたりクレジットカードを作ったりするのが難しくなります。

 

5年過ぎればブラックリストから削除されるので、何の問題もないのです。

 

ただいざというときにローンを借りられない、クレジットカードが使えないとなると少し不便な思いをすると思います。

 

 

 

ただ返済中だと絶対にこのデメリットがあるわけではありません。

 

 

過払い金の請求をして、そのお金で借金が0になれば、ブラックリストには載らないんです。

 

本来なら借金が0なのに余計にお金を支払っていたという状態ですからね。

 

 

 

ちなみに完済した後も、信用情報に事故情報は登録されません。

 

ブラックリストに載ることもないので、完済した借金に関してはすぐに過払い金請求をしたほうがいいです。

 

最後の取引から10年たつと時効となり、請求できなくなるので。

 

 

 

もし借金の返済中なら、このデメリットを受け入れるかどうかをよく考えたほうがいいです。

 

一つ言えるのは、過払い金請求を行えば確実に借金の返済が楽になるということです。

 

そのメリットとこのデメリットを比べて、メリットの方が価値があると思ったときには、仮に返済中であっても過払い金請求をしたほうがいいですよ。

過払い金請求を借金を完済せずにやるデメリットは?信用情報は?関連ページ

過払い金請求はいくらからできる?損することってあるの?
東京で過払い金返還請求を弁護士に頼むときにどうせなら優秀な弁護士のほうがよくないですか?そんな一流の弁護士の選び方を教えています。
過払い金請求時に空白期間があると金額が激減する可能性あり!
過払い金請求したのにお金が振り込まれない!もしかして詐欺?
保証人が過払い金請求をできる条件とは?
過払い金請求の取引履歴は自分で開示することはできる?
過払い利息の計算方法