過払い後 クレジットカード

MENU

過払い後、クレジットカードは作れないの?

 

借金をかかえて返済が困難になってくると、債務整理する人もいます。

 

債務整理することで、返済額が減ると生活しやすくなってきます。

 

 

「複数の借金をまとめる」
「借金総額を減らす」

 

 

また、自己破産することで借金はなくなります。

 

借金をかかえると、何年かかけて返済していくことになりますが、
過払い金があることもあります。

 

 

 

過払い金とは、簡単にいうと金融業者やクレジットカード会社などに
払い過ぎたお金のことです。

 

 

ほとんどの人がクレジットカードを1枚は持っていると思います。

 

クレジットカードがあると買い物に便利ですし、急にお金が必要になった場合、助かりますよね。

 

クレジットカードには、キャッシング機能が付いているのもがほとんどです。

 

 

しかし、利息制限法で決められた利息以上取っている業者が多いんですよ。

 

 

 

払い過ぎたお金を返してもらうのは当たり前のことですが、過払い金の請求には
デメリットがあります。

 

・過払い後、家や車のローンを組むことが難しくなる
・過払い後、 新たにクレジットカードを作ることが難しくなる

 

 

このように過払い後にデメリットがあるのは、信用情報機関に載るからです。

 

債務整理したことで「信用できるのか?」ということで審査に通らない可能性がでてきます。