MENU

過払いの利息と遅延損害金!そして過払いの起算点って?

もしかしたら、過払い金があるかもしれませんよ。

 

過払い金の意味は、払いすぎた利息のことです。

 

法律が改正されて借金の利息制限ができたことで、今まで払った利息が返ってくるんです。

 

もちろん、過払い金の請求が必要ですが……

 

 

もし、過払い金の請求を考えているなら早くしないといけません。

 

それは過払い金に10年という時効があるからです。

 

この時効の起算点はいつなのか?

 

・過払いが発生した起算点
・借金の返済がいくつかある場合、それぞれの起算点

 

 

 

過払い金とは払いすぎた利息ですが、利息とにている遅延損害金があります。

 

この遅延損害金は、利息と同じように何%の割り合いで出される額です。

 

しかし、正確にいうと遅延損害金は、「債務不履行の損害賠償金」なんです。
普通の利息とは違います。

 

 

 

このように、過払い金や任意整理・個人再生などの債務整理は法律が関係しています。

 

個人で手続きできるものもありますが、難しいことも多いです。

 

費用が必要になりますが、弁護士や専門家に依頼した方が安心できると思います。

 

相談だけなら無料でできるところもありますよ。

 

 

なんとなく、弁護士や専門家に相談するのが恥ずかしいと考える人もいるようですが、
借金問題で悩んでいる人は多いんですよ。